FC2ブログ

仮面ライダーゼロワン外伝 太陽と月の輪舞曲(12)


ガキィンッ!


月影「グゥッ」


1型「くッ」


1型「ウィル…何故、創世王の側に付く!」


月影「創世王は…私に、言ったのだ……人類を滅ぼした後はヒューマギアに…統治をさせる…と!」


1型「バカな…創世王は俺達を「道具」…いや、それ以下にしか見ていない!…目を覚ませウィル!」


月影「…グッ…グぐ…うるさい…私…私は…」


月影「…グッ…ググ…創世王…が、呼んでいる…」


1型「ウィル!」


月影「私は…何としてでも…ヒューマギアが笑える世界を…作るのだ!」


ビシャァンッ!!


ブアァッ


1型「うっ!?」


1型「しまった…!」






ガキィンッ


創世王「ヌゥ…邪魔をするな!」


ゼロワン「そうはいかない…!」


RX「創世王…確かに、お前の言うとおりかもしれない…」


ゼロワン「?!」


RX「だが…」


ドゥッ!


ドゴォンッ!


創世王「ぐぉッ?!」


ザンッ


RX「だが、それでも俺は信じる!人と人は手を取り合う事で困難を乗り越えることが出来ると…」


ゼロワン「RXさん…!」


RX「それに、もっともらしい理屈をつけているが…2つのキングストーンの力ならゴルゴムを作らずとももっと違う解決方法がある筈…創世王、お前は単に力をふるい世界を支配したいだけだ!」


創世王「ヌゥゥ…」


ザッ…


月影「創世王…」


創世王「おお…シャドームーン…!」


ズンッ


『ジャックライズ』


月影「な…?!」


創世王「よく来てくれた」


1型「ウィル…!!」


ドシャッ


月影「な…何故…」


月影「やはり…嘘、だった…のか…」


創世王「…私の言葉は信じる様に造ったとは言え愚かな…人間の造ったお前達に世界を任せる訳がないだろう?…しかし、世界を望むとは烏滸がましい「道具」よ…」


RX「創世王…貴様…!」


ゼロワン「ヒューマギアを…何だと思って…!」


ギリッ


ダンッ



ガギィィンッ


1型「ぐッ…!」


バチ…バチッ…


『ジャックライズ』


ドシャ…


創世王「…まさか、ベルトを創り終えて用済みのお前達がこんな形で役に立つとはな…」


ゼロワン「と…父さんっ!」


1型「ぐ…くッ…」



ゴゴゴゴ…


創世王「ははは…力が漲って来るぞ…!」


創世王「今度こそ終わりだ…ブラック・サン…!」





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR