FC2ブログ

ビジュアル的には盾付いてない方が好き。

皆さんこんにちは、緑猫でっす!

久しぶりにブログ解析を見てたら、検索ワード「セリカシルフィル」で以前作ったfigma改造の記事から訪問してくれた方がいたらしく、ちょっと嬉しいかったです( ´∀`)




さて、前ふりはこれくらいにして本題に生きましょう〜









「ネットで見た改造方を適当に試した結果何とか形にはなったケド結構形がかわった1号!」



「更に調べてもっと簡単な方法で改造され首が360°回るようになった2号!」



「今は無改造だけど明日はどうかわからない3号!」



「我らリーオー3兄弟!」



はい、と言うわけで噂のHGリーオーを買ってきましたよ!因みにカメラ部分には創動のシールの銀色部分を切って貼り付けてます。




シールも無くて組みやすく、肘や膝など新しい関節構造で、他のキャラクタープラモの技術も取り入れられた(ダン戦プラモのように手や足など各部位にまとめてパーツが配置されている、太もも側と股関節を接続するパーツの構造と形状がマジンボーンプラモに酷似している)良いキットです。

ただ、デザイン上仕方ないとはいえ首が回らないと言うのは大問題です。

2つほどネットを参考にした解像度方法を紹介したいと思います。(うろ覚え、かつ自分の技術じゃ出来そうに無い部分はやり方を変えているのであしからず(_ _;))


首が回らない原因は首パーツと胸パーツの一部が一体成型されているので、その部分を切り離し、切り離した胸パーツを胴体に接着すればOK



…と言う訳ではなく、そのままでは接着するのは難しい上にただ付けるだけでは結局干渉して首が回らないので色々微調整しないといけないと言う結構難しいものでした(ヽ´ω`)

その後更に調べたもう一つの方法は

頭部のパーツにあるダボを切り取って回転させる方法です。こちらは切り取って赤い側面のパーツを接着して、カメラが付いた側のパーツを平らに削れば完成です。



こっちらはかなり簡単で失敗はしにくいですが、回転する部分が部分なのでしるえっとが崩れるのが難点です。


やっぱり首が動くとかなり違います。



あと細かい部分で言えば、アンクルガード、胴体、背中の穴のフタパーツのポロリが酷い、構造的に肘、膝関節のヘタリが怖いぐらいですかね。


ではサクッとアクション!







と言う訳で、リーオーでした〜



それではまた〜(*´∀`)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR