FC2ブログ

神姫紹介三女編!その2

前回のあらすじ

ペロペロしたいお年頃。


緑猫「こんにちは!緑猫でっす!今日は我が家の三女ルーファさんの紹介でーす!」
ルーファ「初めまして。緑猫家の三女ルーファだ。機械弄りが趣味でメカニックをさせてもらっている。今後とも緑猫の迷走神姫ブログをよろしく。」
緑猫「え、もう終わり!?尺が足りないんだけど」
ルーファ「君の言うとおりネタバレしないよう自己紹介したぞ。」
緑猫「う~ん、どうし」
ルシファー「それならこの我にお任せを!」
ドン!

ビターン!
緑猫「グヘェ」
ルーファ「ルシファー!?」
ルシファー「不肖この我がこの尺をもたせてみせましょう!」
緑猫「何するきだ?」
ルシファー「勿論、ルーファ様と我が初めて出会った運命のあの日の事を!」
緑猫「中々面白そうじゃあないか、きかせてくれ!」
ルシファー「よかろう!心して聞くがよい!!」

ルシファー「そう・・あれは我が生まれて間もないころだった・・」



~謎の実験施設~


ガシャン!!

科学者「素晴らしい!遂に完成したぞ対神姫用LBX『ルシファー』が!これでこの世界は我々のものだ!」
『ポイント310にてストラーフタイプと交戦、増援要請。繰り返す・・・』
科学者「丁度いい、早速お前の力を見せつけてやれ!!」
ルシファー「・・にくい・・」
科学者「!?」

ルシファー「醜い」
科学者「!?な、なんだどうした?ルシファー??!」

ルシファー「我が剣を捧げるのは貴様らのような醜い者でない・・」
科学者「何を・・」
ルシファー「貴様らも我が美しくしてやろう・・」
科学者「や、やめろ・・ヤメロォォォォ?!!!!!」




『繰り返すポイント310にて・・』

ルシファー「・・武装・・神姫・・か・・」


ドシャ!!

エンペラーM2「フン、ザコがいくら集まろうが同じこと!」
ジェネラル「この数だ、油断するな!」





ダダダダッ

ガギンッ!!

グワッ
「!!」

グガシャン!!

ルーファ「これで・・」

ルーファ「終わりだ!」
「!!」
グシャァッ!!


ルシファー「あれが・・武装神姫・・!!」




ルシファー「・・・ふつくしい」


ルシファー「我が剣とこの命貴女に捧げよう黒き乙女よ。」
ルーファ「?なんだ?君は?」


ルシファー「そう・・正にあの時あの瞬間から我の~~」
緑猫「お前どこの○ビルマンだよ!尺的にはもう十分何だけど・・」
ルーファ「なら勝手に終わっていいぞ?こうなると周りが見えなくなるからな。」


緑猫「それでは今日はこれまで。お付き合いありがとうこざいました~(あれ?これって何気に初めてきちんと最後間で出来てるんじゃね?」



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR