FC2ブログ

影で蠢く者たち(神姫編)

今回の記事は黒猫のんびり空間の黒猫さんの設定を使わせていただいています!



ザク「ハァ・・ハァ・・」


ザク「ウオァァ!!」
ガガガガッ!

ザク「がっ?!」


ドサッ
グフ「クッ!?」


グフ「クソォ!ここまで来て連邦に感づかれるなんて!」
ザク「これ以上の時間稼ぎは無理か・・」
ドム「先程輸送部隊から連絡があった。無事本隊と合流したそうだ。ここは俺が抑える、お前たちは撤退しろ」
ザク「その命令はきけません!」
グフ「隊長を一人で死なせる訳にはいきませんよ!」
ドム「お前たち・・よし、一人でも多く地獄へ道連れにするぞ!」


ネモ「射ち方やめっ!」
ジム2「しかし、やけに粘りますね公国残党のやつら」
ジム2「こりゃあ、大型の兵器を開発しているっていう話も本当ですかね?」
ネモ「広域のレーダーで周囲を警戒していたうえに、これだけ粘ると言うことはその大型の兵器があるかもしれん。気を引き閉めて」

パァン!
ジム2「隊長?」

ジム2「うわああああ?」
ジム2「狙撃?!ど、どこから?!」

パン!パァン!


ドム「攻撃がやんだ・・突撃ィィ!!」



グフ「こ、これは一体!?」
ザク「狙撃されている!?」
ドム「バカな!この周りに狙撃出来るようなポイントはない!・・何にせよ狙撃した人物は敵ではない様だ。我々も本隊に合流するぞ」


~公国残党アジトの遥か上空~





???「まったく、こんな簡単な仕事ばかりじゃあ腕がなまっちまうぜ」


~緑猫家ではないどこか~


???「帰ったぞ、フィクス。」
フィクス(ウィトゥルース)「流石ホリィ、仕事が早いわね。相変わらず・・」

フィクス「いいおしりしてるわね!」

フィクス「ハァハァ(>_<)」

パァン!
フィクス「ちょぉぉ!」
ホリィ「妙な視線を感じると思ったら、テメェか!わざわざ衛星ハッキングしてまで何とってんだ!!」
フィクス「いいじゃない!美しいものを愛でて何が悪いのよ!」
ホリィ「ハァハァしてただろうが!あと本人の前で欲情してんじゃねぇ!この変態が!」
フィクス「なによ!襲わないだけ有難いと思いなさい!それにお尻丸出しの貴女に言われたくないわ!」
ホリィ「仕方ねぇだろ!生まれた時からこの格好なんだよ!文句なら裏神姫界の奴にいいやがれ!」
フィクス「文句なんてないわ!寧ろ感謝してるわね!素敵なお尻を生み出してくれて!」
ホリィ「・・・ハァ・・そんなことよりいつになったらあたいの武装が直るんだ。」
ホリィ「あー、後は武器とジェネレーターだけなんだけどね?調整が難しいのよ。」
ホリィ「ジェネレーター?CSCドライブか。今回は本当に大丈夫何だろうな?」
フィクス「大丈夫よ~以前の時は何処まで出力が上がるか見てみたかったからリミッターを付けなかっただけだから♪」
ホリィ「そのせいであたいは爆発炎上しかけたワケか。」
フィクス「貴女の闘争本能が強すぎてあっという間にオーバーヒートするとはね~?まぁもうちょっと待っててね?」
ホリィ「大丈夫何だろうな?それで、今度はどこの世界をのぞき見してんだ?」

フィクス「中々面白いことになってるのよ~」
ホリィ「?!《黒猫ワールド》の表か!。
フィクス「ンフフ・・やっぱり「故郷」が懐かしい?」
ホリィ「ハッ?あたいがそんなたまかよ。で、表でこんなドンパチするなんて珍しいじゃねぇか」
フィクス「そうね~、確かに大変だったみたいね。」
ホリィ「あの鎌持ちが頭か。?!やりあってる神姫の動きが変わった!」
フィクス「ね?中々面白いでしょ?まだまだ何かありそうだし♪」
ホリィ「どうせ一枚かんでんだろ?」
フィクス「ちょっとお手伝いしただけよ?」
ホリィ「・・ウズウズしてきた、トレーニングしてくる。」
フィクス「あらあら、ほどほどにね~。さて、緑猫家の方はっと、フフッどうしようかしら?」















スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR