FC2ブログ

神姫紹介五女編!その2

前回のあらすじ

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!『ラッキースケベが起きた時には既に気絶していた。』何を言って(ry



トレーニング室


マウ「それじゃあ何時も通り、ボクに三本取られる前にこの短刀を抜かせたら姫っちの勝ちでいいよ・・ね?」
姫「もちろんですわ」

姫「フォームアップ!」







姫「マウ姉さま、行きますわよ!」

キィィン・・チャキッ!
姫「エアロヴァジュラ!」

姫「はぁぁぁぁ!」

マウ「・・随分動きは良くなってきたけど」

マウ「まだまだ・・・だよ。」
姫「っ!?」
マウ「一本目・・」


姫「まだまだですわっ!」
ブンッ

キィィン
マウ「?!」

カチャッ
姫「もらいましたわ!」

バシッ!
姫「しまっ」
ガガガガッ!

スタッ
マウ「いい手だけども」

マウ「詰めが甘い・・よ」
ギリッ!

バタンッ!
姫「くぅっ!」
マウ「二本目・・」
姫「今ですわ・・セバスチャン!!」

ブォォォンッ!
マウ「なるほど、どうしてあんな高い所に置いてあるのかと。」
姫「やっぱり気付いていらしたの?!けれどもこのタイミングでは避けられないでしょう!」

マウ「・・驚いた・・よ?短刀を抜かせるだけじゃなく」

マウ「緋炎斬!」
ズガッ!!

マウ「ヒヒイロカネの力を使わせるなんて・・!」
ガシャン
マウ「合格・・だよ!」

姫「本当ですの!?やりましたわ!」

姫「ありがとう、セバスチャン。貴方のおかげですわ。」
マウ「大分手加減したし、このくらいの損傷ならルーファの工房に持っていけば直ぐに治してもらえる・・よ?」


姫「どうやって工房に運ぶんですの?」
マウ「・・・・・」
姫「・・・・・・」





オートボットに運んで貰いましたとさ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR