FC2ブログ

オートボットと市民の集い1

こんにちは、緑猫でっす!始めに言っておく、俺はロストエイジを視ていないので、オートボットのキャラが原作と違ってても生暖かい目で見てやってくさださい(-_-;)

オートボット基地~出店シャルモン~

ブラーボ&フローラ「ありがとうございました~」

ブラーボ「さてと、ここはわてくしに任して貴女は皆に差し入れを渡して休憩してきなさい。」
フローラ「いいんですか?」
???「二人とも、なかなかいい絵だねぇ」

フローラ「剛さん!どうしたんですか?」
マッハ「否ね、進兄さんが駆り出されたっていうからロイミュード関係かと思ったら、オートボットの至宝ってやつの警備らしくてね。せっかくだから少しブラブラしていくよ。」

スターセイバー展示室

ドライブ「へぇ、これが究極の剣スターセイバーか~」
ベルトさん「フム、実に興味深い。出来ることなら詳しく調べてみたいな。」
ドライブ「おいおいベルトさん、流石にそれは無理だろ。しかし・・・」



ドライブ「これ、俺要らなくないか?」
ベルトさん「そんなことは無いぞ、進之助。もし、これが悪の手に渡ったら大変なことになる。それに一応この二体も緑猫家からの展示品扱いだ」
ドライブ「そういうことなら確り警護しないとな!」


サポートセンター

千恵「姫ちゃんそろそろ他のスタッフの人と交代の時間だよ?」
姫「あら、もうそんな時間ですの?」

ライダー部部員 ジュビジー型 千恵
姫が部長になってから初めて解決した事件で知り合い入部。運動、勉強ともに平均点で趣味は読書という少し引っ込み思案の子


客「あの、友達がはぐれちゃって・・」
千恵「アッ、はい。では、放送でお呼びしますので、お友達のお名前を・・・」

特設ステージ

「ハッ!」

「フッ!」

「セイッ!」

シエル「流れる様な剣さばきが見事ですね~」
ドリフト「お粗末様でござる!」
シエル「ドリフトさんでした~」

シエル「お次は、我らが総司令官オプティマスプライムの挨拶になりまーす」



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR