FC2ブログ

オートボットと市民の集い14



警備員「くっ!これじゃあ特設ステージの外に避難できない!」
ドカッ! バキバキッ!
警備員「なんの音だ?」

ゴシャア!
姫「大丈夫ですの!?ここはわたくしに任せて早く避難するんですわ!」
警備員「分かりました!」
警備員「おーい!こっちだ!急いで!」

ドォドォン!
ビー「うっ!」
ホットショット「クソッ!すばしっこいやつめ!」

スノーストーム「ラーリホー!中々粘るな!」
ラナバウト「俺は裏方なんだがなー」

クロスヘアーズ「はっ!タフな奴だ、そろそろ倒れな!」
ドォンドォン!

アイアンドレッド「ウホウホッ!」

クロミア「いくわよ!フォースチップイグニッション!」
ドォォォ!

ドガァァン!
オプティ「ウォォッ!」

オプティ「ぐっ・・・まだだ!」

ガッ!
クロミア「あれを喰らってまだ意識があるなんて驚きね。でもこれで終わりよ!」
オプティ「くっ!」
ひゅーっ

ドシーン
スタスク「グァッ!」
クロミア「キャアッ!?ちょっと、早くどいてよ!」

クロミア「邪魔しないでくれる?オプティマスにとどめをさすところなのに!」
スタスク「こっちだってあと少しだったんだよ!新しい装備にやられさえしなけりゃ!」
クロミア「人質同然の手まで使った上に三人がかりで負けたの?」
サウンドウェーブ「スタースクリーム聞こえるか。」
スタスク「サウンドウェーブか、どうした?」
サウンドウェーブ「包囲網が突破された。一般人がかなり避難している。それに保安局の部隊がこちらに向かっているぞ。」
スタスク「仕方ねぇここらが潮時か!サウンドウェーブLBX共をプランCで動かせ!ディセプティコン軍団退却ー!」
クロミア「ちょっと!どういうことよ!」
スタスク「状況が変わったんだよ、もうすぐ保安局の部隊がくる!人質がわりの一般人も包囲網を突破しちまったんだ!」

クロミア「ッ!命拾いしたわねオプティマス!トランスフォーム!」 ギゴガゴ」ドシュドシュ
オプティ「くっ!逃がすか!」

ドォンドォン!
オプティ「うっ!?」





ドォンドォン!
スノーストーム「うおっ!」
ラナバウト「ぐぁぁ!」

フローラ「一般人の方はシェルターに向かいました!援護します!」
ビー「よし!反撃開始だ!」
ホットショット「覚悟しろ!スクラップにしてやるぜ!」

スノーストーム「ラーリホーしかたねーな、てったーい」
ラナバウト「やっぱり俺は現場には向いてねーな。」
ブロロロッ

ホットショット「待ちやがれっ!」
ビー「危ないッ!ホットショット!」
ダダダダッ!


ホットショット「ッ!クソッ!邪魔しやがって!」
フローラ「二人とも気を付けて下さい、今まで牽制を主にした動きだったのが変わっています!」

アイアンドレッド「ウホッ・・・撤退?ウホウホ!」

クロスヘアーズ「そう言わず、もう少しゆっくりしていきな!」

ダダダダッ!
クロスヘアーズ「うおっ!」

クロスヘアーズ「新しいお客さんかい?」

アイアンドレッド「ウホウホッおぼえてろよ~!」
クロスヘアーズ「やれやれ、月並みな台詞を。」

ダダダダダダダダッ!

ドンドンドン!



シエル「ディセプティコンには逃げられちゃったか~、まぁ後は残った子を掃討すればいいわね♪」
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR