FC2ブログ

サラマンダーの迷い・その3




緑猫「え…あっハイわかりました、すぐに向かいます!」

マウ「容疑者、見つかった…の?」

緑猫「うん…でもちょっと大変なことになってるみたい。」









保安局員「お、おちつけ!」


サラマンダー「こんなことはやめるんだ!」





ロナルド「…おまえが変身しないなら俺は死ぬ!」

サラマンダー(この青年を死なせたくはない…だが、今彼と融合すれば間違い無く彼の中の憎しみに飲まれ周りを破壊するだけの存在となってしまうだろう。…どうすれば…!)

保安局員(狙撃部隊…配置はどうなってる?)

狙撃部隊(配置完了した…がダメだ、廃屋の瓦礫を上手い具合に楯にしている。)

保安局員(狙撃は今は無理か…)



マウ「あれ…だね」

緑猫「サラマンダー!無事…みたいだけど、どうなってるのこれ」



サラマンダー「緑猫?!それにマウも一緒か!だったら…そこの保安局員、周辺の避難はすんでいるのか?」

保安局員「?…あ、ああ!もちろんだ」

サラマンダー「緑猫、マウ…後を頼む!…彼の命を救うには…これしかない!」
ロナルド「?!!」
カッ!
緑猫「え、ちょっサラマンダー?!」




サラマンダー「ヴォォォォッ!」




緑猫「…そうか!わざと変身してサラマンダーが主導権を握るつもりか!」

サラマンダー「ガァァァァァッ!」
ゴォォォッ!



マウ「違うみたい…だよ」

緑猫「そうみたいですねーッ!」

ドォォオンッ!



サラマンダー「ガァァァァァァッ」

マウ「どうみても正気じゃない…ね」

緑猫「どうすれば…!」



マウ「よっ!」



グンッ



ズダァン!



ギュンッ

バッシィッ!
マウ「むっ?!」



ザザッ
サラマンダー「ぐ…ぐぐ…」

マウ「やっぱりこれって、倒されるつもりで変身したんだよね…」

緑猫「…多分。マウさんのヒヒイロカネならボーンファイターの硬い装甲にも有効だからね」



マウ「…うん…やっぱりここは彼のためにもマスターが相手をするべき…だよ」

緑猫「ファッ?!」




次回に続く!


スポンサーサイト



コメント

アカサカ

No title
今晩は。

爆発と火炎のエフェクト、組み合わせても良い感じですねぇ(6コマ目)。

マウさんの投げは、連続写真みたいでいい感じだと思いました。
そして結構スパルタなマウさん……。

緑猫さんご自身がサラマンダーにならずに戦うとなると、まさか……!

ではでは。

緑猫

No title
> アカサカさん
炎エフェクトだけじゃ少しボリューム不足だったので爆発エフェクトも置いたらいい感じになりましたw
一瞬の動きを複数の写真でやってみたんですがちゃんと投げてるように見えましたか(゚∀゚ゞ)ヨカッタ

そうです、マウさんは結構スパルタなんです(;´Д`)
残念ながら、今回はまだFAガンダムの出番では無いのです…GXのままで戦います(*・ω・)ノ
非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR