FC2ブログ

その名は蒼嵐騎士!その1



???「おーいそこの外套のあんちゃん」
「………?」




???「あんただよ、あんた!」
「…ああ、わたしですか。何か用ですか?」




???「賊の討伐隊の受付ってのはどこかな?」

「それなら大通りの武具屋のとなりに…」

???「大通りの武具屋のとなりだな!ありがとうあんちゃん!」

???「いえ…討伐隊に参加なさるんですか?」

???「おうよ!あんちゃんはもう受け付け済ませんだろう?」

「…どうしてわたしも参加すると?」

???「一目見てわかる。あんちゃん相当な使い手だろう!そんな奴が今この町にいる理由は一つさ…俺の名前はブイタロー。あんちゃんは?」

「わたしは…そうですね、青騎士とでも呼んで下さい。」



ブイタロー「青騎士…ね。それじゃあまた後でな!」

青騎士「…はぁ」






騎士団長「よし、そろそろ時間だな。傭兵は受付で渡された札に従って班を作れ。明朝、賊の討伐に向かう!」



~明朝~

騎士団長「其れではこれより、渓谷に巣くう賊の討伐に向かう!」








ブイタロー「そう言えばあんちゃんは聞いたか?賊の噂」

青騎士「ええ…竜巻を起こす技を使うとか。」

ブイタロー「その技でこの国の機兵隊もやられちまったらしい。」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





賊は渓谷ににある洞窟を根城としており、洞窟の中は複雑で討伐隊は複数の班に分かれて襲撃した。


ブイタロー「どぉりゃあー!」




青騎士「…」
ザシュッ




ブイタロー「しかし、こいつらたいしたことねえな!」

ザシュッ
青騎士(この動きに、この陣形はやはり…間違いないか。)




賊「くそぉ…後退だぁ、急げ!」

ブイタロー「えーと。地図によるともうすぐ洞窟を抜けて、大きく開けた場所にでるみたいだな。」

青騎士「…賊が本拠地にするとしたらそこですね。慎重に行きましょう。」

突然、洞窟の中を突風が駆け巡った。

ブイタロー「わっぷ…なんだぁ!」

青騎士「これは…まさか?!」

青騎士は駆け出した。

ブイタロー「どうしたんだ急に!」

ブイタローも後を追う。


青騎士「……!」

ブイタロー「…こりゃあひでえ…」

洞窟を抜けた先でブイタローたちが目にしたのは、倒れ伏した討伐隊の姿だった。

ブイタロー「まさか、これが噂の竜巻を起こす技…か?!」

賊頭「まだいたのか。もう一発食らえ!風雲竜巻断(ゲイルトルネード)!!」



青騎士「危ないっ!」
ドンッ
ブイタロー「うおっ?!」



ゴオオオオオッ!!
ブイタロー「あ、青騎士ーッ!」






果たして、青騎士の運命やいかに…次回をまて!

スポンサーサイト



コメント

アカサカ

No title
今晩は。

青騎士さん、ティッシュのマントがいい感じですね。
敵側がゲイルトルネードを使ってきた、という事は、青騎士はもしかして嵐虎剣の……?

ブイタローさんもシンプルながら格好良いですね。
今後、鎧を装着した姿なども登場するのか気になります。(^_^)

ではでは。

緑猫

No title
> アカサカさん
布表現の代わりに使えるティッシュって便利ですよねw

はい、その通り嵐虎剣の関係者です(^_^;)

ブイタローは何か格闘家的なイメージがあるんで重装備はしないかもです(>_<)
非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR