FC2ブログ

ヒヒイロカネ編53話

写真が多すぎたりすると、よく「問題が発生しました」って出てるんですが、そのまま投稿するとエラーになるけど投稿は自体は出来てるんですが、今回は無理でした(^_^;)
なので写真を全て縮小し直すはめになりましたw



~楽園~

チャチャ「…こんなに早くサタナキアの挑戦条件を満たすなんて驚いたのだ(≧▽≦)」



チャチャ「でも、引き分けの相手に勝つまで挑戦するのはともかく、勝った相手とも何回も戦ってるのはどうしてなのだ?」

マウ「全力で戦ってくれた上で勝たないと…ダメな気がして。」



チャチャ「ふんふん、なる程…それじゃお喋りはこれくらいにして、どれくらい強くなったのか見せてもらうのだ。」

マウ「うん。それじゃ、いく…よ」

ガキィッ
チャチャ「にょっ?!」



ギンッ
チャチャ「むむっ…!」



チャチャ「にょあッ!」
ガギィンッ



チャチャ「最初に戦ったときより格段に強くなってるのだ。このまま打ち合ったら多分あたしの負け…なのだ。」
ギリギリギリギリ



マウ「そうだね。けど、本気をだしてないよ…ね?」
ギリギリギリギリ



ギィンッ

チャチャ「本気を出すのは、四曜刀をどれ位使いこなせてるか見せて貰ってからなのだ!」



マウ「これが…今のボクの全力の一撃だ…よ」
スゥ…



マウ「はぁぁぁぁっ!」
ゴゥォォッ!



チャチャ「!火、水、風を同時に…しかも風と土の力で間を取り持って見事に安定させているのだ!」



チャチャ「完全に四曜刀を使いこなしているのだ。…だけど」
キィィィン…

ヴゥン



ドォォン

チャチャ「あたしには通用しないのだ。」



マウ「?!攻撃が…割れた?!」

チャチャ「ぼーっとしてたらダメなのだっ!」

ドガァッ

マウ「がっ…!?」



ググッ
マウ「今のは…!(今の一瞬で何発食らった…の?)」



チャチャ「左手のこの子はせきりょ君、その名の通り斥力を発生させるのだ。」

マウ「はぁっ!」
ブンッ



チャチャ「こんな風に!」

バシィッ

マウ「くぁっ!」



チャチャ「そして右手のこの子はおんそ君、この子も文字通り…」



チャチャ「音速の拳を可能とするのだっ!」

ドガガガガカッ

マウ「がはっ!」



ドシャッ









マウ「あの後10回挑んで、全敗。…弾かれるのもだけど、もう片方の…音速の拳の方が厄介…だね」



マウ「うーん…何も思い付かない…」

マウはコンソールを開らいた。

マウ「こういう時は甘いものでも食べて気分転換を…」

コンソールを操作する手が止まる。

マウ「あ、そっか…ひょっとしたら…」


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR