FC2ブログ

ヒヒイロカネ編57話



チャチャ「捗る…データ取りが捗るのだーヽ(゚Д゚)ノ」

ミーチェ「まさか、光速化の副産物でカーソルを開かなくても思い浮かべるだけで、データ処理や物の出し入れが出来る様になるなんてね。…そう言えばマウ、二人にあのこと聞いてみた?」

リティア「ん、なんだあの事って?」

マウ「うん。そうだね…光速化した時に誰かに見られてる感じがしな…い?」

チャチャ「見られてる感じ?…(光速化中)…確かにうっすらだけど感じるのだ!」

リティア「本当かよ?…(光速化中)…あー?言われてみれば?ってかよく気づいたな?」

マウ「最初は気のせいかと思ったんだけど…ね。ミーチェも感じるって言うし、光速化を続けられる時間が長くなるにつれてハッキリと視線を感じるんだけど…」

チャチャ「これは興味深いのだ!早速調べてみるのだ!(光速化中)」

マウ「悪意は感じないんだけど何だか良くない感じがするんだよ…ね。」

リティア「良くない感じ…ねぇ?…って言うか、アーニャなんじゃねぇのか?」

ミーチェ「本人に聞いたけど違うって。」

チャチャ「…うーん…なのだ(;´Д`)」

リティア「お、なんか解ったのか?」

チャチャ「ぜーんぜんなのだ。視線の原因となりそうな現象は解らなかったのだ。…もう少し時間をかけて調べてみないと何ともいえないけど、楽園のシステム…もっと言えば根本的な何かかもしれないのだ(゚ω゚)」

リティア「ま、わからんものは考えてもしょうがないんじゃねぇか?」

ミーチェ「そうね。」

マウ「なんかゴメン…ね。それとボクはそろそろ一度サタナキアに挑もうと思うんだけ…ど。」

チャチャ「それなのだ!」

ミーチェ「何か思いついたの?」

チャチャ「いいアイディアが思いついたのだ!だからサタナキアに挑むのはしばらく待って欲しいのだ!」

マウ「うん、別に良いけど…」

チャチャ「そう決まれば早速取り掛かるのだ!アーニャー!アーニャー!!大至急なのだー!」

チャチャは叫びながら何処かへ走っていった。

リティア「いったい何を思いついたんだか」

ミーチェ「さあ?」


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR