FC2ブログ

コスモテクター編・襲撃!緑猫分校 その1

皆さんこんにちは!緑猫でっす!(゚∀゚)

実はこの記事書いてる途中で一回消えました(;´Д`)

本当はもっと長かったんですが、モチベーションが壊滅したので分割して小出しにしようかと思います(^_^;)


それでは、本編へれっつらごーです(`・ω・´)




~早朝~

スタースクリーム「どうだサウンドウェーブ、何か変わりはないか?」


サウンドウェーブ「…校舎裏の搬入口にトレーラーが止まっているが…」



スタースクリーム「トレーラー?備品の搬入とかだろ…」


サウンドウェーブ「…だといいが…一応留意しておけ」

スタースクリーム「へいへーい。」




~分校給食準備室~

ジル「さて、それじゃあ皆張り切ってレッツクッキングなのです!」



ジルの号令の元、10体近くのプチッガイ達が駆け回り調理をしていく。

ジル「何時もより時間がないけど間に合わせるのです~!」







レオ「ふう…さすがに広いな、この学校は…取りあえず警備主任か校長先生に挨拶しないと…」





カリス「おい、お前。この学校の者ではないな…所属と名前を教えてもらおうか。」



レオ「あ、自分は怪しいものではありません、イ対課の者です。」

レオは保安局のIDライセンスを取り出し提示した。

カリス「保安局…そう言えば校長が言っていたな…しかし、イ対課の人員は三人だと聞いているが?」

レオ「それが緊急通報がありまして…」

カリス「お前一人だけになったということか。…それじゃあとりあえずついてこい。何かあった時の為にシェルターの場所や避難経路を案内しておく。もうすぐ生徒達が登校して来るから簡単な説明だけだかな。」

レオ「はい、お願いします!」



































サウンドウェーブ「…朝礼が終わったか。スタースクリーム、そろそろグランドブリッジをつなげる準備をしておけ。」

スタースクリーム「おう、わかってら。」


スタースクリーム(さて、大ショッカーの奴らのお手並み拝見といこうか…!)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

緑猫_1

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

緑猫_1

Author:緑猫_1
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR